DAZN

DAZNはプロ野球中継が充実!観れる試合とメリデメをチェック!【2020年版】

 

こんな方におすすめ

DAZNで観れるプロ野球中継を知りたい
DAZNの概要やメリット・デメリットが知りたい

 

こんな悩みに回答します。

 

本記事の内容

・プロ野球中継を観るならDAZNはおすすめ?【結論と理由】
DAZNって何?プロ野球の中継は何が観れる?
・プロ野球以外に視聴できるコンテンツは?
DAZNの注意点
・まとめ(DAZNの良い点・悪い点)

 

本記事の信頼性

僕自身もDAZNを2年間利用しています。
本記事ではDAZNの概要とプロ野球を観るにあたってのメリット・デメリットを交えて説明します。

 

 

プロ野球中継を観るならDAZNはおすすめ?【結論と理由】

結論

プロ野球を観るならDAZNを使ってみるのがおすすめです!

 

理由

DAZNはプロ野球中継の配信がとても充実しています。

また野球以外にも数多くのスポーツ中継が配信されており、月額料金はたったの1,750(税抜)とコスパ抜群です。

1ヶ月無料で利用できるので、まずは使ってみてはいかがでしょうか。

試して微妙だったら、1ヶ月以内に退会すれば一切料金は発生しません。

 

これからDAZNの概要や配信するコンテンツの詳細を説明していきますね!

 

DAZNって何?プロ野球の中継は何が観れる?

DAZNについて概要を以下の順で説明します。

DAZNとは?
DAZNで配信するプロ野球中継
・見逃し配信とハイライト
・月額料金と無料体験
・視聴可能なデバイス

 

DAZNとは?

DAZNはスポーツ専門のインターネット動画配信サービスです。

1,750(税抜)の月額料金を支払うことで、サッカー、バスケ、テニス、ラグビー、野球など様々なスポーツが見放題です。

配信コンテンツ数は「130以上のスポーツコンテンツ&年間10,000試合以上」になります。

またライブ配信だけでなく、試合中継終了後にも見逃し配信でのフルタイム視聴、ハイライト視聴が可能です。

 

DAZNで配信するプロ野球中継

DAZNで配信する試合中継を球団ごとに記載します。2020年配信予定の内容。

 

セ・リーグ

チーム DAZNで配信する中継
巨人 ホーム開催全試合、広島ホームを除くアウェイの試合※
DeNA ホーム開催全試合、広島ホームを除くアウェイの試合※
阪神 ホーム開催全試合、広島ホームを除くアウェイの試合※
ヤクルト ホーム開催全試合、広島ホームを除くアウェイの試合※
広島 アウェイの試合※
中日 ホーム開催の主要な試合、広島ホームを除くアウェイの試合※

※DAZNは広島が主催するホームゲームを配信していません。

広島ファンの方にとっては痛いです。。アウェイゲームであれば視聴できます。

 

2019年まではヤクルトも配信されていなかったのですが、2020年から配信されることになりました。

 

パ・リーグ

チーム DAZNで配信する中継
西武 全試合
ソフトバンク 全試合
楽天 全試合
ロッテ 全試合
日本ハム 全試合
オリックス 全試合

※パ・リーグは全試合視聴できます。

 

交流戦・クライマックス・日本シリーズ

試合 DAZNで配信する中継
交流戦 広島のホーム開催を除く試合※
クライマックスシリーズ 全試合配信
日本シリーズ 配信なし
オールスター 配信なし
オープン戦 一部の試合

※1:セ・リーグの配信と同様に交流戦も広島のホームゲームは配信されません。
※2:日本シリーズ、オールスターはDAZNでは配信されません。

 

日本シリーズ、オールスターは例年テレビで放送されるので特に問題ないかと思います。

 

オリジナルコンテンツ

DAZNは試合中継だけでなく、ドキュメンタリー等のオリジナルコンテンツを配信しています。

 

主なオリジナルコンテンツ

・巨人:GIANTS 復活への道
・DeNA:ベイスターズ魂
・中日:サンデードラゴンズ
・日本ハム:FIGHTERS THIS WEEK
・阪神:虎視探々
・アニメ:タッチ、キャプテン、ONE OUTS
など

 

見逃し配信とハイライト

DAZNではライブ中継以外にも「見逃し配信」と「ハイライト」で試合を視聴できます。

 

見逃し配信

ライブ中継を見逃してしまっても、試合終了後30日間は試合をフルタイムで視聴できる機能です。

また早送りして好きなところから観ることもできます。

ただし、録画機能はないので、30日間で視聴できなくります。

 

ハイライト

試合を5分程度にまとめたダイジェストです。

様々な試合結果の重要シーンだけ、短時間でチェックしたい時に便利です。

 

月額料金・無料体験

プロ野球が視聴できる動画配信サービスとして、DAZNとスカパー!の月額料金、無料体験期間を比較していきます。

項目 DAZN スカパー!
月額料金(税抜) 1,750円※1 4,075円※2
無料体験期間 31日間 2週間

※1:docomoユーザーは980円で利用可能。
※2:基本料金(390円)+プロ野球セット料金(3,685円)に加入した合計金額

 

スカパー!はプロ野球12球団の公式戦を全試合配信していますが、月額料金は圧倒的にDAZNの方が安いです。

 

視聴可能なデバイス

DAZNNETFLIX等他の動画視聴サービスと同様に様々なデバイスから視聴できます。

スカパー!のアンテナ工事など面倒な手続きは不要です。

視聴可能なデバイス

・スマートフォン(iPhone/Android)
・タブレット(iPad/Android)
PC
・テレビ(ChromeCastFireTV StickAppleTV、スマートテレビ、PS4Xbox等)
など

外出先からスマホで視聴できるのは嬉しいですが、野球を観るのであればテレビの大画面で見たいですよね。

まだテレビの視聴環境が整っていない方には、コスパと使い勝手を考えるとFireTVStickをオススメします!

 

またDAZN6台のデバイスに登録できて、2つのデバイスで同時視聴が可能です。

帰宅するのが遅くなった時に家族が自宅で観戦していても、自分も外からスマホで観ることができます。

 

プロ野球以外に視聴できるコンテンツ

DAZNではプロ野球以外にも様々なコンテンツを配信しています。

DAZNで視聴できるスポーツ

MLB(メジャーリーグ)
・サッカー(Jリーグ・海外サッカー)
Bリーグ(バスケットボール)
NFL(アメリカンフットボール)
F1F2F3(モーター)
Vリーグ(バレーボール)
・ラグビー(トップリーグ等)
・ゴルフ
・総合格闘技
・プロボクシング
・テニス
など

メジャーリーグも見れるのは野球ファンにとっては嬉しいですよね。

 

DAZNの注意点

DAZNを利用していて特に大きな不満はありませんが、注意点としては以下2点があげられます。

・試合配信の時間遅延
・テレビより画質が粗い

 

試合時間の遅延

DAZNはインターネット中継という性質上、リアルタイムに比べて数秒から数分遅れてしまうことがあります。

そのため、twitterを見ながら試合を見ていると、先に結果が分かってしまうといったことが起こります。

DAZNを利用する時は他から情報を知ることがないように注意ください。

 

テレビより画質が粗い

そこまで気になりませんが、やはりテレビの中継に比べると画質が劣ります。

撮影した写真自体もそこまで画質は良くないのですが、多少粗いのがわかるかと思います。

 

まとめ(良い点・悪い点)

最後にここまで説明してきたDAZNの良い点、悪い点をまとめます。

DAZNの良い点

・圧倒的に料金が安く、1ヶ月無料で試せる
・広島のホームを除くプロ野球中継はほぼ配信している
・試合中継だけでなくオリジナルコンテンツも充実
・様々なデバイスから視聴可能
・幅広いジャンルのスポーツが見放題
・試合が終わった後でも見逃し配信、ハイライトでの視聴ができる

 

DAZNの悪い点

・広島戦はホーム開催の中継がない
・試合中継が遅延することがある
・テレビ中継に比べて画質が粗い

 

広島ファンの方を除けば、良い点の方が多いかと思います。

まずは1ヶ月の無料体験を実際に試してみるのがいいですよ!

登録体験を始める手順と退会方法の詳細は「DAZNの無料体験期間は1ヶ月!まずは試すのがオススメ!」を確認してみてください。

 

\プロ野球中継が充実/

DAZNを1ヶ月無料体験する

※期限内に解約すれば料金は一切発生しません

-DAZN

Copyright© SATOSHI BLOG , 2021 All Rights Reserved.